よくあるご質問(Q&A)

洗浄の対象となる物件の築年数はどれくらい?
A:築年数が15年〜22年程度の物件が目安ですが、築10年以上でご提案をさせていただいております。コア継手や樹脂管の材質にはヌメリに対してより洗浄効果がある為、築年数が浅い物件にも最適と考えています。25年以上の場合は要調査の上、洗浄の可否を決定させていただきます。なお亜鉛メッキ鋼管の材質については、洗浄出来ない場合がございます。

どれ位の期間断水するの?
A:専有部の断水は2時間程度ですが、共用管の洗浄中は全戸断水となります。
30世帯程のマンションの場合は共用部の洗浄(6時間程度)と専有部の洗浄を併せて8時間程度の断水となります。その間、トイレは事前にご使用頂くか、また浴槽に溜め水をしバケツでトイレ水タンクへ汲んで戴き、都度流していただくようお願いいたします 。

オゾンを使用しての施工は安全?
A:安全です。環境面で今注目を集めている物質の一つです。オゾンガス自体は高濃度の場合、人体に影響することが考えられますが、本工法のフレッシュ洗浄ではオゾン水にしたもの用います。また、オゾン水は20〜30分で水と酸素に戻ります。現在では浄水場などでも塩素等による殺菌だけでなく、オゾンを利用した処理方法が採用されております。

工事期間中は家にずっといなければならないの?
A:共用管の洗浄を行なっている時は全戸断水致しますが、お留守にして頂いてもかまいません。しかし、洗浄終了後通水致しますのでお部屋の蛇口は全て閉めてからお出かけ下さい。専有部洗浄の場合は作業者が入室させていただき、各水栓・蛇口で洗浄作業を行ないます。この間は必ずご在宅をお願いいたします。

工事後、水の質が変化することはあるの?
A:洗浄前は水道管中に付着しているヌメリや錆コブなどに塩素が反応して源水から蛇口までの塩素量が減少する事が多々ある為、洗浄した場合このヌメリが取れると源水の塩素が減少しないまま蛇口に運ばれます。従いまして、管がきれいになると一時的にカルキ臭が強くなることがありますが、問題ありません。

劣化対策としての洗浄の位置づけは?
A:延命装置(膜脱気装置・活水器等)とは違い建物に何か装置を付けるというものではありません。
汚れの原因ともなるヌメリを除去することで配管の保全を目的とした工法です。

調査していない他の世帯(全世帯)でも管内の状態は同じ?
A:他の世帯でも管内の状態はほぼ同じと考えています。

建物のどこかに装置を取りつけるの?
A:常時装置を取り付けることはありません。工事期間中、一定期間のみ工事機器類を設置させていただき、工事終了後は撤去いたします。

各戸で工事予定は変更できる?
A:各世帯の作業日程の変更は基本的にお断りしておりますが、当日の都合が合わない場合には、お客様の責任において管理人もしくは管理会社の担当者が立会いのもと、洗浄作業を行なわせていただきます。万が一都合がつかない場合には弊社担当者までご連絡下さい。

室内の片付けは必要なの?
A:基本的に作業は台所・洗面所・浴室・トイレ・洗濯機などの水栓・蛇口にて行います。水廻りや通路となる廊下などには貴重品や濡れてはいけないものは置かないで下さい。また、作業上、置いてあるものを移動することもありますので、予めご了承下さい。

↑ ページの上部へ